美人なのにワキガな先輩

制汗剤ランキング

 

わたしは大学を卒業してから、地元に戻って事務の仕事を始めました。小さい会社でしたが、仕事はそこそこに忙しく、充実した日々を過ごしていました。若い社員は全体の3割ほど。みんな仲が良く、仕事が終わってから飲みに出かけたり、休日もみんなで海に行ったりしていました。会社にはサークルがいくつかあり、運動系は野球やテニス、文化系ならブラスバンドや美術のサークルがありました。入社してすぐ、わたしは同じ部署の先輩たちに誘われ、テニスサークルの見学に行くことになりました。そのサークルには、となりの部署の美人な先輩も所属しています。髪がつやつやで長く、仕事もできる人だと聞いていたので、わたしは同性ながら先輩にあこがれていました。テニスは初心者だったので、その先輩にレクチャーしてもらうことに。すると、先輩がラケットを持ち上げるたびに、嗅ぎ覚えのあるにおいが…。最初は「どうして外にいるのに鉛筆削りのにおいがするんだろう?」と思っていたのですが、先輩のワキガのにおいだったようです。先輩、顔はとっても美人だし、優しいのにワキガだったんですね。なんとかとなりで先輩の説明を聞いていましたが、テニスコートを離れたあとも、鼻からにおいが消えませんでした。ちょっとショックな出来事でした。

 

同僚に指摘されたワキガ

 

私は出産を経てワキガになりました。
自分でもワキガだと分かっており、制汗剤を持ち歩いています。
私のワキガは酷いので、衣類にも脇のところに黄色いシミができたり、洗濯しても取れないくらいワキガの臭いが衣類に染み込んでしまいます。
私はアパレル関係の仕事をしているので、職場の服を着ていくことが必須なのですが、ある日雨の日が続いてどうしても乾いている服が一つしかなく、まだワキガの香りが取りきれていない服を着ていかなければならない日がありました。
もちろん洗濯はしており、何度もファブリーズをかけ!脇自体にも制汗剤を塗り、上から他の服を重ね着しました。
しかし、職場についてから少し動く度に上の服との隙間から漂ってくるワキガのついた服の臭いに自分でも気付いてしまいました。
何とか制汗剤を服に塗ったり、あまり身動きをとらないようにして誤魔化していたのですが、ある先輩から
「エイトフォー持ってる?」
と聞かれました。
「はい。」
と答え、
「ここ見てるから早く行っておいで」
と言われてしまいました。
指摘してくれて助かったのですが、臭いがばれていたという恥ずかしさに耐えきれませんでした。
すぐにロッカーから制汗剤を取りだし、トイレで塗りました。
情けなくてたまりませんでした。

手術を受ける勇気もありません。
その日以来今はまでよりも念入りにワキガ対策をしています。

 

長年の悩み解決しました。

 

私は汗かきで毎年暑くなると汗に悩まされています。汗を沢山掻きますからTシャツも直ぐに汗まみれになるんです。ここまでは我慢できるんですが、この後汗が引いてくるとワキガが鼻につくんです。私自身の問題ですから自分は我慢できますが、周りの人に迷惑を掛けてしまいます。汗を止めるのは難しいですが、汗の臭いを何とかしたいという気持ちが有りました。

 

 こらが全く違うアプローチから解決する事が出来たんです。私は便秘ぎみで何とか便秘を解消しようと試していました。便秘には食物繊維が良いということなので、ネットでいろいろ探してビール酵母を試してみました、結構効果が有りました。しかし毎日飲みますからランニングコストがかさみます。そしてもっといい物がないか探しますと、玄米乳酸菌というものにたどり着きました。

 

 この玄米乳酸菌はなかなかの優れものです、まず自分で作れて材料費が安い。植物乳酸菌でこれを摂取すると腸内環境が良くなり悪玉菌を駆逐してくれる。腸内環境が良くなるので便秘が解消される。便秘が解消されるので血液も浄化される。よって汗の臭いも薄くなる。免疫力も向上する。という効果を体感しました。

 

 作り方もすごく簡単です。2Lのペットボトル、そのミネラル水、黒糖60g(水に対し3%)、天然の塩20g(水に対し1%)、無農薬玄米1合これだけです。ペットボトルに玄米を入れます、次に黒糖と塩を水で溶かし、ペットボトルに入れます。こらを攪拌して部屋の暖かい所に置いておきます。後は毎日数回攪拌し、炭酸ガスが発生するのでガス抜きをするだけです。3日〜5日で完成します。リンゴのような香りがすれば完成です。

 

 この玄米乳酸液をお湯割りで飲んだり、豆乳ヨーグルトにしたり、漬物を作ったりして毎日飲んだり、食べたりしています。その結果ワキガから解放されました。脇汗対策なら制汗剤おすすめランキングを参考にしてみましょう。

 

TOP⇒制汗剤ランキング