脇汗の原因について

脇汗原因

脇の下には汗腺が非常に多いため、全身で見てもかなり汗をかきやすい部位だと言うことができます。そして、この脇汗が大量に出るということにはいくつかの原因が考えられます。まず1つ目は、精神的な要因によるものです。

 

人はストレスを感じたり緊張をしたりすることで交感神経が活発になり、汗を大量にかくようになっています。そしてこの交感神経は汗腺を制御している神経なので、交感神経が副交感神経よりも優位になることによって汗を大量にかくことになってしまうというわけです。

 

ですから、できるだけストレスを感じたり緊張状態にならないようにすることが大切だと言えます。そして2つ目は、更年期によるものです。更年期になると、ホルモンバランスが崩れて自律神経まで乱れてしまうことがあります。

 

そうなると更年期障害特有の顔汗を大量にかくホットフラッシュという症状だけではなく、脇にまで大量に汗をかくことがあります。これは更年期によるものなので仕方のない部分はありますが、もしあまりにも脇汗が気になるようであれば一度医師に相談した方が良いと言えます。

 

そして3つ目は、脱毛によるものです。レーザー脱毛などによって脇の施術を受けた後に脇汗が増えるということがありますが、これは脇に意識が持っていかれているからという理由と、ただ単に汗腺が刺激されたからという理由が挙げられます。

 

どちらにせよ、脇の脱毛を受けた後は脇汗が多くなることがあるため、気になるという人はハンカチなどでこまめに拭くようにしてください。

 

冬の必需品が脇汗で着れない。

冬といえばセーター。毎年冬になると、各ショップに新作セーターが並びます。もこもこしたニットセーターははとても可愛らしく、こんなのを着てみたいなあと思います。ですが、私には用がありません。

 

何故なら、セーターを着ると脇汗がすごく出るのです。特にアクリル毛糸のものがひどいです。脇汗が出すぎて、ビチャッと濡れて不快です。においがあるときもあります。かゆくてかきむしりたくなるときもあります。

 

さらに、脱いだセーターの脇の部分だけにおうときもあります。恥ずかしいやら悲しいやら。何とかして脇汗の心配をしないでセーターを着てみたい!冬らしい可愛らしいニットコーディネートをしてみたい!そう思い立った私は、まずは、脇毛を抜いてみました。

 

ですが、脇毛を抜いてすぐにセーターを着ると、敏感になっている肌に毛糸が当たって、脇汗が出てきてしまいました。そして、脇がかゆくなってしまいました。失敗です。次に、脇汗やにおいを抑えるクリームを塗ってみました。ちょっとクリームがべとつく感じがありましたが、脇汗を閉じ込めてくれているような気がしました。恐る恐るセーターを着てみました。

 

脇がかゆくない!汗もかいていない!気持ちよくセーターを着ることが出来ました。脇は汗をかきやすい部分ですし、セーターは汗を吸いません。だから、汗をかくと脇の表面に雑菌が繁殖してにおいが発生するようです。

 

においを防止するためにも、汗をかかないように対策を取らないといけないなと改めて思いました。

 

脇汗について