臭いがきつくて苦手な人になってしまいました。

制汗剤ランキング

一緒に仕事をしていたかわいらしい女の子の話です。
髪の毛もサラサラで、目もクリクリしていてとてもうらやましい子だったのですが、どうしても異臭がしてくるのです。
最初の頃は、その子からにおっているとは思っていませんでした。
夏になって、さらに臭いが強くなってきました。
彼女が上着を脱ごうとする瞬間など、臭いの予測ができるので思わず一歩引いてしまいました。
きっと本人は臭いには気がついていないようでした。
春から夏にかけて、消臭スプレーを振っている姿をよく目にしました。
私は少し安心して、彼女に近づくのですが、消臭スプレーでは臭いは消えていませんでした。
異臭に消臭スプレーのいい匂いがミックスされて、複雑な気持ちになりました。
彼女には申し訳ないのですが、夏場は息を止めてすれ違うコトもありました。
冬になり、臭いは少しマシになったと思われましたが、やはりジャンバーを脱ぐ瞬間は臭いがやってきました。
彼女が薄着をしている私に、『ジャンバー貸してあげる』と言ってくれたのですが、臭いの染み付いたジャンバーを着ることに抵抗があり、一度は袖を通すも『大丈夫、ありがとう。』と返してしまいました。
彼女からは私に近づいてきてくれるのですが、私はどうしても避けようとしてしまいました。
いつしか、苦手な人になってしまっていました。

 

今も悩んでます。

 

私が自分の体臭(ワキガ)に初めて気がついたのは中学1年の時でした。部活でバドミントン部に入って、練習が終わって帰って、体操服を脱いで洗濯機に入れずに置いてた時です。飼っていた猫が体操服の脇の所の臭いを嗅いで、自分の顔を擦り付けていました。何してるのかな?と思って、何気に体操服の脇の所の臭いを嗅いでみたら、汗臭い以外の臭いがしました。苦いと言うか、何て言うか独特の臭いでした。これがワキガと言われるものだと知ったのは高校生になってからなのですが、この日から私は自分の体臭を気にするようになりました。もしかしたら自分が気づいてなかっただけで、小学生の頃から臭ってたかもしれませんが、親にも友達にも言われたことがなかったので、知らないまま過ごしてました。自分の体臭に気がついた私は、制汗デオドラントのスプレーを購入して、毎朝脇にスプレーをしてから学校に行きました。人に知られるのが嫌で、汗をかく度にドキドキして過ごしました 。中学生の頃はワキガの事で嫌な思いをしなかったのですが、高校生になってからわざと私の後に立って、鼻をつまんで臭い!というジェスチャーを他の子達に合図で送られたりしました。その日から私はますます自分の体臭を気にするようになりました。制汗スプレーは脇が白くなり、低温やけどしそうに痛くなる程スプレーしました。それだけでは不安なので、香水も使いました。大人になって手術も考えたのですが、怖くて出来なくて、結局今も制汗スプレーと香水でごまかしています。

 

美人なのにワキガと脇汗がひどい女性